忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

yumeoto_bt01.jpgyumeoto_bt02.jpg

稼ぎのお約束。 FFTではよくある光景。
前回に引き続き、『夢の魔物とお伽の騎士団 体験デモ』のお話を。

【ゆめおと体験デモ 感想etc.      】


◇◆◇感想◇◆◇

SRPGとしては易しめの部類ですが、CTB制なので
初めてSRPGをプレイする人や,ターン制に慣れている人には
ややとっつきにくい印象があるかもしれません。

「易しめ」というのも、自軍キャラの方がLvが高く、
また上位クラスを使用できる体験版仕様での話であり、
当然ながら 実際の製品版との違いも多々あることと思います。

この手のSRPGでは「フリーバトルの有無」で難易度が大きく左右されますね。
と、いうより恐らくフリーバトルの要素が無いと SRPGに慣れていない人はおろか
下手をするとSRPGに慣れている層の人達の中でもプレイを見送る人がでてくるのではないかと…。

印象としては、「SEX-BATTLE」が中心であったこれまでの作品とは大きく異なり、
「TACTICS-BATTLE」のおまけとして「SEX-BATTLE」があるという感じを受けます。

もちろん、体験版のキャルネ戦のように「SEX-BATTLE」がメインとなる場面もあり、
ストーリーと絡ませてどちらか片方に偏りすぎないよう、上手く演出・工夫がされている事とは思いますが、それでもやはり「TACTICS-BATTLE」に「SEX-BATTLE」が喰われている感が否めませんね…。

両方好きな自分にとってはむしろ二重に楽しめて嬉しい限りなのですが、
これまでのSQ作品とのギャップに加えてSRPGという要素が前面に現れている今作では、プレイヤー層において 過去SQ作品からのプレイヤーをかなり選んでしまうことになるのではないかと思います。

一ツクラー・ツクラーゲーマーとしては、
ゲーム製作者さんの好きなように作った作品をプレイすることが好きですし、
好きなように作ることの楽しさも知っているので「こういうSQもアリだな」
というのが全然まとまっていませんがまとめの感想です。
うわ、ホントまとまってないなこれ。

何れにせよ、今後公開される情報に注目です。


◇◆◇さらに感想◇◆◇

イラストがとにかく可愛いです。
もうたまらんね。 たまらんばい。

また別の記事で繰り返し書くと思いますが、とにかくビジュアルが素晴らしいです。
イラストだけでなく、システム画面etc.含めて「ふつくしい…」と魅入ります。
かなり好みです。 あとイラストがとにかく可愛いです。

あれ、デジャヴ?

それはそれとして、メイジ系マジ可愛い。マジだけに。
(サブいギャクは削除されました)

ワーウルフ可愛くなりすぎワロタ。
ゴブリンも可愛いじゃねぇかちくしょおぉぉぉおおお。
(短編EX未プレイ)


【Succubus Quest -サキュバスクエスト- 攻略掲示板】
【夢の魔物とお伽の騎士団】攻略スレ より ~

,.――――-、
ヽ / ̄ ̄ ̄`ヽ、
| |  (・)。(・)|  
| |@_,.--、_,>  
ヽヽ___ノ  トランスしたい相手が味方ばかりでござる の巻

本当の事だから困る。


製品版では「パーティーアタック」だけでなく「パーティトランス」も可能に
という希望をメールで送ろうかなと。(迷惑です)

実装されたらもう相手なんか眼中に n o t h i n g !
ひたすら自軍内でパーティートランスをかましますよ僕は。

好きなようにプレイできる事の楽しさも知っているので「こういうSQもアリだな」と(ry


◇◆◇まだ続く感想◇◆◇

リンドセイ!リンドセイ!リンドセイ!リンドセイぃぃぅぅうううわぁあああああ(ry
と、いうわけでリンドセイについて語ります。 語りまくります。

ドロテアもたまりませんが、ここはではリンドセイの話をします。
oi. misu. ミス。 おい。 ページ閉じようとすんな。 K I ☆ K E ☆ Y O


今思うと 彼女との出会いは とても衝撃的なものだった…


そう・・・、あれは ゆめおと体験版を初めてプレイしていた時の事・・・

スキル発動時に わずかな時間だけ見ることのできるカットイン画像

リンドセイのそれを初めて見たとき、僕は衝撃を受けた・・・


あまりにも興奮しすぎてその後すぐに撮ったSSがコレ

「あれ? これスカートの下 何もはいてないんじゃね?

と…。


そうなのだ。 その時、カットインにより わずかな時間だけ見ることのできる
リンドセイのスカート下 色の濃い部分が、僕の目にはただの影
・・・そう、スカートの影に見えていた。

そして同時に、スカート下に何も着けていない様にも見え
僕はとてつもない興奮衝撃に襲われた・・・。

「ちょっ、なんて素晴らしいはしたない格好をしてるんだ!」
「ゆめおとのナイトはいいぞもっとやれ!!111けしからん!!」

と、昂った感情を露にしながらも 何とか第一ステージを終え、
編成画面で再び撮影確認をしようと リンドセイのメニューを開き・・・



僕はそこで 最初の衝撃を遥かに凌ぐ かつてない衝撃を受けた







ちくしょおおおおおぅぅうおおおおお!!!!!!!!!111

「これ スパッツやん」





ちくしょおおおぉぉぉォォォオオオオオオ!!!!!!!11111

素でノー○ンやと思ってたぞォォォオオオ!!!!!
あの湧き上がる激しい熱情はすべて勘違いだったというのかァァァアアアぅうおおおおおぃぃぃィィィ!!!!!!!111111111


スパッツゥゥウウ――ッ!

君がッ! 消えるまで!

脱がすのをやめないッ!




この勘違いした人、他にもいるよね? ね?

そして実は戦闘中でもキャラ画像は確認できたというオチ
どんだけ興奮してたのかと

yumeoto_01.JPGyumeoto_02.JPG

ご無沙汰しておりました・・・、にじです。
大分 間が空いてしまいましたが、『夢の魔物とお伽の騎士団 体験デモ』をプレイした感想を。

【ゆめおと体験デモ 感想etc.      】


□■□はじめに□■□

自分がプレイしたことのある 有名所のSRPG作品は以下の通り。

【 FINAL FANTASY TACTICS 】
初プレイは小学3~4年生頃。
SPやら算術といった要素をよく理解せずにプレイしていました。
ガフガリオンとの一騎打ち(城門戦)&ウィ-グラフ戦で苦労したのはいい思い出。
つい最近になって弟がPSP版のFFTを購入していたことが発覚。
現在、実家に帰った時限定で PSP本体とソフトを借りてプレイ中。

【 サモンナイト シリーズ 】
2と4をプレイ。1と3は友人のプレイを所々見ていました。
これまた弟がDS版の1と2を購入していたことが発覚。
リメイク版ではスキル等に3以降の要素が加えられおり、
弟曰く、「ちょっと難しくなってた」とのこと。

他にも、友人のプレイする『BlackMatrix2』を横で見ていたり、
フリーの作品に手を出していたりと、密かにSRPGスキーとしてSRPG作品をプレイしています。


◇◆◇システム◇◆◇

≪ TB 時 ≫

・自軍と敵軍のターンが交互に繰り返される「ターン制」ではなく、
ユニット単体毎に設定されている素早さとCT(チャージタイム)によって
行動順が変動する「CTB(チャージタイムバトル)制」が取り入れられている。
[ ex . FFT : CTB制 / サモンナイト : ターン制 ]

・戦闘MAPで表示されている「CT」は【 現在CT値 / 最大CT値 】だが、
ユニット一覧で表示されている「CT」は【 最大までの残りCT値 / 最大CT値 】
となっている。

・戦闘MAPでShiftキーを押しっぱなしにするとカーソルの移動速度が上昇。

・攻撃対象との向きによる補正は命中率のみ。
(ダメージには影響が無い模様)

・「高さ」の概念が無い。

・スキル「採集」はアイテムスロットに空きがないと使用できない。
(アイテムスロットには装備も含まれる)
一つの採集場所からは、最大で空きスロット分の数のアイテムを入手できる。
一度採集を行った場所での再採集は不可。
mapcip.JPG
特定のマップチップ(↑画像の部分等)で「採集」を行うと
マップチップに応じたアイテムを入手できる。
それ以外の場所(平地や↑画像の×部分等)ではランダムの模様。

・対象を取る行動後の獲得ExpはLv差に大きく依存。
Lvが【 行動者 < 対象者 】ならば獲得Expが増加する。
Lvが【 行動者 ≧ 対象者 】,または「対象者を取らない」場合(「採集」等)
獲得Expは恐らく5~6で固定。
(自身を対象とするスキルはLvが【 行動者 = 対象者 】扱い)
対象の人数・効果量による獲得Expの変動は無いが、
行動が失敗するとExpは獲得できない。

・「アビリティ」は対応するスキルの使用・行動を行うことでExpが入り、
Expが一定値に達することでLvUPする模様。(Expの確認はできない)

・「アビリティ」は対応するスキルや行動が失敗してもExpが入る。
(行動失敗後にアビリティLvが上昇するのを確認)

・「歌」と「魔法」によるバフ(能力上昇・グッドステート効果)は
スキルの種類が同種であれば重ね掛けをすることができない。
(【 歌 + 歌 】or【 魔法 + 魔法 】による同一ステータス上昇効果は重複不可)
しかし、同一ステータス上昇効果が異なる種類のスキルによるものならば
重ね掛けをすることができる。
(【 歌 + 魔法 】による同一ステータス上昇効果は重複可能)
デバフ(能力下降・バッドステート効果)も恐らく同様。

≪ SB 時 ≫

・同じ部位を連続で責め続けると、与えられる快感が激減してしまう
「飽きる」要素が復活。

・ムードをMAXにするためには「フィニッシュ」を使用して
同時絶頂を成功させなければならなくなった。

・こちらから「インサート」を行い それが成功した場合、
同時に1回分の攻撃(ピストン1回分?)が発生するようになった。
同時絶頂を狙う際には注意が必要。
相手に「インサート」された場合は発生しない。

・SB中、多人数プレイに発展前回の戦闘に現れた敵キャラが
SBに加わる場合がある。追加参戦人数は2人まで確認。
(相手の増援扱い 参加させない選択肢もあり)
(前回の戦闘時にSBでムードをMAXにしたキャラ限定?)

・二人以上とのSB時、「フィニッシュ」による同時絶頂に成功しても
まだ他に敵キャラが残っていた場合「敗北扱い」となる。
ランツェ君、インキュバスだけど絶倫ではないようです。


あ、あれ? まだ感想らしい感想を全然書いてないぞ・・・。
しかし長くなりそうなので「その2」に続きます。

【感想】・【良かった点】・【悪かった点】・【気になったこと】・【確認しているバグ】
等々、まだまだ書きたい事はたくさんあるぞォォォォォ

SRPG熱 再燃

シルバーウィークなんてなんのその。
我が大学では21日から授業が始まっております!!111

 何 故 連 休 を つ ぶ し た し 。

ホンマけったいなことをしよるでウチの大学はー。
次の連休・・・もとい、長期休暇が待ち遠しいです はい。


ゆめおとについては次回で。

化物語の撫子が可愛すぎる件について。

ご無沙汰していました にじです。

夏の合宿も終わり、今では長期休暇で陥りがちな自堕落な生活を送っています。
このままじゃいけない。
もっと有意義に過ごさねば!

大学の授業が始まるまでの約二十日間、
やっとこさ落ち着いて過ごせるようになったので
これから夏休みを満喫したいと思います。


◆サークル夏合宿

合宿前の導入稽古最終日に、受けの失敗から
鼻血を出してからというもの 嫌な予感はしていたのですが、
案の定、夏合宿本番でも 手刀捌きのミスから鼻血を噴き出してしまいました。

一時稽古を抜けて道場の外で休み、鼻血が止まってから
再び道場に戻ったのですが、その時のサークルメンバーの反応が
とても印象的でした。


後輩の女の子たち:
 「先輩!大丈夫ですか!?」 
にじ:
 「あぁ、大丈夫大丈夫(笑) ちょっと鼻血が出ただけやからー ノシ」

男の先輩たち
 「エロいこと考えて興奮したんやろ?」

 「にじ君 袴萌えやからなーwww」

主将(♀)

 「にじちゃんはほんまエロいなぁ」


あー、後輩たちはかわいいなぁ!!
もうね、目から汗が出てくるわ。
袴萌えなのは認めます。  大 好 き で す 。

何はともあれ、暑さと疲れで何度かぶっ倒れるかと思いましたが
今までで一番充実していた合宿でした。


◆夢の魔物とお伽の騎士団 体験デモ(SQ)

とりあえず一通りクリア。
また後日改めて。

俺妹4巻読了
以降のメインヒロインは黒猫でおk


父:「よーし! ヱヴァ1.11見るかー!」

にじ:「えっ!? 何それ??」


父:「なんや、知らんのか。 追加シーンがあるみたいやで。」

にじ:「追加シーン? テレビでやってたのとはまた違うんかな・・・?
    そういえば、結局 テレビで追加された・変化していたシーンって
    どこやったんやろ・・・。 レイの乳首が見えただけとか何とk

父:「なんじゃそりゃ」

にじ:「(ですよねー!)」


何で自分はこうも余計な事を考えもなしに口走ってしまうのか
甚だ疑問で仕方が無い。


◆1.11本編

一番印象に残った追加シーンは、サキエル戦にて
「知恵の実」と「生命の実」の2つのキーワードが語られるシーン。

かなり重要な部分なのになぜ劇場版・地上波ではカットしたし。

その他 所々にシーンが追加されており、
再び本編を見れたことも合わせて大変満足。

それにしても Blu-rayでの映像は綺麗やなぁ・・・。
『破』のBDがとても楽しみです。 ものっそい期待。

妹:「やっぱレイやな。 ウチうるっさいの嫌いやねん。」
兄:「何と言われようとも 自分は断然アスカ派だ。」



忍者ブログ [PR]

PR
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
にじ

◇ FEZ @ D → J,K,I 鯖 ◇
のんびりまったりプレイ中
【 Twitter 】
最新コメント
[01/29 にじ]
[01/29 ザワ]
[12/10 にじ]
[12/03 DV]
[11/20 マーシー]
リンク
ブログ内検索